• ホーム
  • デイトレードに必要な資金ってどれくらい?

デイトレードに必要な資金ってどれくらい?

初心者がデイトレードを始める場合、20万円程度の資金で始めるのが理想です。
資金が少なければ買える株が限定されすぎるため厳しく、資金が多ければ余裕がありすぎて気が緩み大損する危険があります。
株自体は現物取引でも購入できますが、デイトレードをする場合は基本的には信用取引で行います。
信用取引では控えめな資金で取引ができ、投資資金の3倍まで扱えるメリットがある一方、レバレッジが効いているため大損してしまうリスクもあります。初心者でデイトレードを始める場合、初めは控えめな資金で信用取引を利用し、レバレッジを極力効かさない取引をする事が大切です。
最初は自分の手持ち資金のみで取引を繰り返し、ある程度儲ける事が出来てきたら次の段階としてレバレッジを効かせてさらなる利益を得るというやり方がおすすめです。
レバレッジは大損する場合もありますが、儲けることが出来る方は大儲けも実際にされています。
デイトレードで儲けたい場合は、目先の利益にとらわれない事とロスカットが大切です。
売買手数料についても少しでも安い会社を選ぶとその分自分の利益になります。目先の利益とは、現時点で持っている株を売却すると1万円の利益が出るが、もう少し保有していればもっとあがっていた等の場合に該当し、株の流れが読めてないから起こる現象の一つです。
損切りであるロスカットが行えない場合も、目先の利益におぼれています。
デイトレードを行う場合、冷静な判断が不可欠なので利益確定とロスカットのタイミングを間違えてしまうと、儲けることは出来ません。冷静な判断をする練習として、デイトレードを始める前に色々な会社の売買手数料を比較することをおすすめします。
色々なパターンを想定してどの会社を選択したら得できるかを選定できれば、デイトレードをはじめてからも、売買のタイミングがある程度は分かるようになってきます。
無事に大儲けが出来た場合、税金面も加味しなければならないので、儲けた金額を全て使ってしまわないように注意する必要もあります。

プチ株はデイトレードは不向きです

プチ株は株式を1株から購入する事が可能なため、株をはじめる第一歩として人気があります。
しかし普通の株みたいに、指値注文をする事ができないなど取引に制限がある他、普通の株よりさらに控えめな資金で売買する事が可能な反面、儲けも限定されてくるためプチ株はデイトレードには不向きです。デイトレードとは自分のライフスタイルに合わせて、株を売買し儲けをだし収入源を増やす魅力的な手段の一つです。
自分の取引の損益に応じて、ライフスタイルが一定期間後に変わってきますが、よりよい生活をするためには儲けを出す必要があります。
初めて株の取引を経験する場合は、プチ株で株の売買の流れを経験して、利益の出し方が分かってきたらプチ株を卒業して、通常の株でデイトレードすると流れが分かっている分、成功しやすくなります。デイトレードは楽しむために行っている方もいますが、損失が続けば実際に自分自身のお金が減っているため、ストレスがたまる原因になってしまいます。
デイトレードで成功させるためには、自分のライフスタイルと符号する投資家を見つける事が理想です。
プチ株で練習している時に、値上がりや値下がりの情報源を確保しておく事も大切です。
ただし自分にあった情報源を見つけ出す必要があります。目標の設定も成功の秘訣です。
どれくらいの期間でいくら儲けたいか?と達成するにはどうしたらいいか?を考えます。
ある程度の物理的可能性はプチ株で練習している時に分かってきます。
デイトレードをギャンブルと同じだと思わない事や、思いつきでトレードしない事も必要です。
ギャンブルは完全に運だけですが、デイトレードは正しく情報を読むことができたら成功する事が可能です。